インプラントの構造

インプラントの構成は大きく分類すると本体(フィクスチャー)、歯台部(アバットメント)、上部構造補綴物の3つから成っています。本体、連結部、上部構造で成立しています。

インプラントは、本当の歯に似た構造でつくられています。歯の根の部分の歯根に匹敵するインプラント体(フィクスチャー)、目で見える歯の部分の 歯冠に匹敵する上部構造、更に、フィクスチャーと上部構造を連結させる、連結部(アバットメント)で構成されています。
インプラント体(フィクスチャー)とは
ありとあらゆる形状のものが見られます。歯根に代わって歯を支えます。

歯根にあたるもので、骨と接合し、歯を支持する部分となります。本体に匹敵する部分です。

歯槽骨の中に直接埋められる部分で、素材はチタンかチタン合金が中心です。
太さは約4mm程度、長さは約1cm程度のものが多くですが、症例によって、形状もさまざまです。

生体親和性がすごく高いチタンは、金属アレルギーの方も心配しないで治療が受けられます。

アバットメントとは
上部構造を繋ぐ「アバットメント」
上部構造を支持する役目を達成するもので、インプラント体の上に設置しられます。

上部構造(=人工的な歯冠部)と繋ぐための部品になります。素材は普通はチタンやチタン合金で作られますが、セラミック製のものも見られます。

上部構造補綴物とは
上部構造とは「歯」として目に見える部分のことです。

天然歯の歯冠にあたる部分で、外から「歯」として見える部分です。
上部構造は普通セラミックで作られます。

セラミックは美しく丈夫な歯科原料として認知されています。

強い衝撃(ぶつける等のアクシデント)が加算されると、時たま上部構造が破損する場合が見られますが、本体のフィクスチャーと骨との接合にトラブルが無ければ、上部構造の取りかえだけで済みます。
インプラントは、歯槽骨にフィクスチャーを埋め込む外科処理と、その時から、フィクスチャーと骨が接合し、その部分にアバットメントを設置し、それ以上に、アバットメントに上部構造を取り付けることで完成します。

天然歯と同じ、歯の根元の部分と歯冠部が存在する治療法のため、しっかりと噛むことができる美しい歯を取り返すことができるのが特性です。

診療用の機材などのハード面について、いまの社会から望まれている、歯科医師による訪問歯科診療の仕事を遂行することが出来るレベルには来ていると言えるということです。
まず始めは、ハミガキ粉無しでじっくりと歯を磨く方法を練習してから、仕上げする時に少量の練り歯みがきを用いるようにするときれいに歯をブラッシングできるようになるでしょう。
歯肉炎を起こすと、毎日の歯磨きの時、りんごなどをかじりついた時、歯ぐきから血が出たり、歯グキがどことなくムズムズしてかゆいというような病状が出現します。
歯科医師による訪問診療の場合では、医師による処置が終了してからも口のケアのために、定期的に数回ほど歯科衛生士たちが、伺うことがたまにあるそうです。
むし歯や歯周病などが重症になってからかかりつけのクリニックに行く人が、ほとんどなのですが、予防しにいつも通っている歯科に定期的に通うのが実際は望ましい姿です。

ムシ歯を引き起こすのは、ミュータンス菌と呼ばれる元凶の菌による仕業によるものです。口腔内に虫歯菌が出てしまったら、それを完全に取り去るのはとても難しい事なのです。
人間の歯牙の表層を覆う半透明のエナメル質のすぐ下あたりから、口内酸性度が低くなりPH(ペーハー)の値が5.5~5.7より低い値になると、リンやカルシウムが溶出してしまいます。
ドライマウスの代表的な苦痛は、口腔内が乾燥する、のどが渇く等が大部分です。重度の際には、痛み等の不快な症状が起こってしまうこともあるとされています。
自分の口が匂うかどうかを同居の家族にさえ質問できない人は、非常に多いと思われます。そう言う人は、口臭予防の外来で専門の施術を行うことを提案します。
無針注射器シリジェットと痛みの少ない様々なレーザー治療器を両方用いて処置すると、ムシ歯も口内炎も、あの痛みを99%感じさせずに施術することができるようです。

アゴを動かすと痛覚が刺激される入れ歯、フィットしていない入れ歯は、そのためにしっかりと物を噛むことができずにそのまま飲み下してしまう事が、増加してきてしまっているそうです。
なくした歯を補う入歯の剥離が難しくないということは、加齢にともなって変形する口腔内や顎関節の診断結果に適応した方法で、変更が実行できるということです。
永久歯に比べ乳歯は、歯の象牙質やエナメル質の厚みが半分位しかありません。特に歯を再び石灰化する機能も強くないので、むし歯の菌にあっという間に溶解されてしまうのです。
ネットでしきりに宣伝されるインプラントは、違和感が全くなく、食事も健康な歯のように快適です。更に、他の治療法と比べて、顎の骨が徐々に痩せていくというようなという怖さが不要です。
甘い物をいっぱい食べすぎてしまったり、歯のブラッシングを軽視すると、歯周病の菌が蔓延してしまい、プラークが蔓延してしまい、遂に歯肉炎が起こってしまうようです。